Menu

普段使いで気をつける事

男女

選ぶポイント

婚約指輪をもらったものの、殆ど使ったことが無くてずっとしまってある、そんな女性は意外と多いです。確かに婚約という場面のみでフィーチャーされる婚約指輪は、普段使いを意識して購入されるケースは少ないです。それでも指輪は指にはめてこそ、アクセサリーとしての本来の輝きを見せてくれます。これから婚約指輪を購入しようと考えておられる方で、普段使いも視野に入れてた指輪選びをしたい方は、以下のようなポイントに気をつけて選びましょう。まず普段使いするためのポイントは、デザインにあります。婚約指輪は豪華なデザインにも人気があり、センターストーンに大きなダイヤモンドを配したソリティアや、メレといったデザインが定番です。これらのデザインは華やかな見た目の反面、石が引っかかりやすかったり、豪華すぎて着用できる場面が限られたりします。普段使いという意味では石が飛び出したデザインより、リングに埋め込まれたデザインの方が好ましいでしょう。見た目も落ち着くので、どんなシーンでも気兼ねなく活用できます。埋め込みデザインでも、リング全体に石を並べたエタニティのように華やかなものもあり、女性からも人気があります。次にポイントなのが、リングの素材の耐久性です。普段使いという事は、それだけ物がぶつかったりこすれたり、といった指輪に負担が生じる場面が増えるという事です。見た目重視の婚約指輪だと、ちょっとした衝撃で傷がつく可能性もあるので気をつけましょう。基本的には定番で人気の金やプラチナなら、素材としては問題ありません。ただメッキ処理などによって、カラーバリエーションを持たせているものについては、摩耗によってメッキがはがれる可能性があるので注意です。女性に人気の高いピンクゴールドやイエローゴールドなどは、地の色ではがれる心配もないのでお勧めです。