Menu

ダイヤモンドが好まれる

LOVE

価値だけではない

婚約指輪と言えばダイヤモンドをあしらったデザインが定番で人気もありますが、なぜ他にもたくさん宝石がある中でダイヤモンドが選ばれているのでしょうか。今回はダイヤモンドが婚約指輪に人気の理由について、見ていきたいと思います。まず一番の理由は、ダイヤモンドが全宝石の中で最も高価な宝石である事にあります。贈答品は場面に応じてグレードという物がありますが、婚約という人生の中でも特別大きな晴れ舞台を彩る婚約指輪は特別豪華である必要がある、と考える人が多い事からダイヤモンドが人気なのです。次にダイヤモンドが硬い物質である、という点も人気に影響しています。ダイヤモンドが硬い事は良く知られた事実ですが、実際自然界の中で天然に存在する物質の中では、最も硬い物質と言われています。ダイヤモンドという名称は元々ギリシャ語のアダマスという言葉が語源とされますが、このアダマスとは征服し得ない、屈さないなどという意味の言葉です。このダイヤモンドの硬さが、新郎新婦の絆の固さを象徴するようになり、ブライダルシーンでは欠かせない宝石として婚約指輪に使われるようになったのです。また硬いという事は傷がつきにくいという事で、輝きが損なわれにくいという事でもあります。そこから転じてダイヤモンドは永遠の象徴でもあり、夫婦の永遠の愛を象徴する宝石でもあるのです。また高価なのに反して落ち着いた輝きを持つ、というのも忘れてはならない人気の要因です。無色透明の輝きは清潔と純白の象徴であり、新郎新婦を象徴する輝きに他なりません。また実用目的で見た場合には、どんなファッションも邪魔をせず、様々なシーンで活用できる利便性があります。